カテゴリー別アーカイブ: 会員向け情報

「将来の課題のための日・オーストリア委員会」公開シンポジウムのご案内(令和元年9月6日(金))

9月6・7日の2日間、外務省の主催による「将来の課題のための日・オーストリア委員会」第23回会合が旭川市で開催されます。

公開シンポジウムでは「観光と地方経済の活性化」をテーマに、観光大国である日本・オーストリア双方における取組を紹介するとともに、観光を通じた地域振興について意見交換を行い、地方経済の活性化について考えます。
オーストリアの先進的な取組みなどのお話を伺う貴重な機会となっておりますので、是非ご参加下さい。

イベント名 「将来の課題のための日・オーストリア委員会」第23回会合公開シンポジウム
テーマ: 観光と地方経済の活性化」 [日英同時翻訳]
日時 令和元年9月6日金曜日
10:00 開演(9:30 開場) 13:00終了予定
 参加申込書
会場 星野リゾート OMO7 旭川 3階 瑞雲東西の間
(旭川市6条通9丁目)
無題3
(PDFファイル)
 参加条件 参加料:無料
定数:200名(先着順) 
事務局 0166-73-6968
(一社)大雪カムイミンタラDMO 内 
無題2
「将来の課題のための日・オーストリア委員会」とは
将来の課題のための日・オーストリア委員会は、日本とオーストリアの交流・相互理解の促進を目的に様々なテーマで両国の委員が議論する、両国間で唯一の官民フォーラムです。
毎年日本とオーストリア交互に開催しており、23回目の2019年は旭川市が開催地となりました。

第39回(令和元年)旭川観光顕功賞 受賞者のご紹介

第39回(令和元年)旭川観光顕功賞の授与式を令和元年8月1日(木)に
旭川夏まつり開会式会場~旭橋河畔にて行いました。

◆旭川観光顕功賞
北口 榛花(きたぐち はるか)様
旭川市出身。日本大学4年。旭川東高校進学とともに陸上競技やり投げを始める。2015年7月の世界ユース陸上競技選手権大会「金メダル」(高3)、2017年9月の第86回日本学生陸上選手権大会「優勝」(大学1年)、本年5月の第6回木南(きなみ)道(みち)孝(たか)記念陸上競技大会で64m36cmの日本新記録(アジア歴代5位)を樹立して、2020年東京オリンピックの出場権獲得。今後の更なる活躍、記録更新が期待される。日本陸上界では久々の笑顔がトレードマークのニューヒロイン。

◆旭川特別観光顕功賞
永山屯田まつり実行委員会 様
1987年(昭和62年)に第1回目の「旭川屯田まつり」を開催。今年で33回目となる同祭り(現在は「永山屯田まつり」)の実行委員会。旭川市永山に開拓の鍬をおろした先人の偉業を称え、住民同士の交流を深めようと地域住民の手作りにより始まった。道内最大規模の九尺太鼓が勇壮な音色を響かせる「屯田太鼓」、『エイヤサァ!』の掛け声で約40台の山車が華やかに練り歩く「屯山(ミヤマ)あんどん」は迫力満点で、市内外から多くの観客が訪れる。歴史や郷土芸能を伝え、旭川の夏に賑わいを添える貴重な祭りとなっている。
(※平成9年の第17回表彰式で「観光顕功賞」を受賞)

◆旭川観光顕功奨励賞
NIPPON MAN 様
旭川市民を代表するパラリンピック応援団長。年齢不詳。2008年から旭川市内外で行われているパラリンピックスポーツの大会等で応援をリードし、選手たちにエールを送っている。2010年2月カナダで開催された「バンクーバー2010パラリンピック」では、日本のパラスポーツの応援団長として選手を激励した。旭川市を「誰にでもやさしい街」にすることを目指して、スポーツ大会やイベントに登場しては選手や会場を応援で盛り上げている。

旭川観光顕功賞は、一般社団法人旭川観光コンベンション協会が旭川市の紹介や宣伝、
観光振興発展に顕著な功績のあった方々を表彰するもので、
昭和55年に第1回の贈呈が行われて以来、今年で39回目となります。
歴代の受賞者の一覧は以下をご覧ください。

これまでの「観光顕功賞・奨励賞・特別賞」 受賞者・団体(敬称略)

第 1回(昭和55年)
桜木  稔(陸上自衛隊第9普通科連隊)
季節風  (フォークグループ)

第 2回(昭和56年)
木内  綾(優佳良織工芸館 織元)
木内 和博(優佳良織工芸館 館長)
叶内  忍(陸上自衛隊第2音楽隊員)
境田  寛(陸上自衛隊第2音楽隊員)

第 3回(昭和57年)
小山 昌克(旭川国際バーサー大会実行委員長)
陸上自衛隊第2音楽隊

第 4回(昭和58年) 佐藤可志久(旭川舞踊協会長)
旭川にホタルを呼び戻そう会(原田愛幸会長)
旭川生物同好会(船橋欣弥会長)

第 5回(昭和59年)
加賀城 章(全国氷彫刻会会長)
九重 勝昭(元横綱 北の富士)
八木祐四郎(全日本スキー連盟常任理事)
旭川チカップニアイヌ民族文化保存会(川村兼一会長)
東京旭川会(平岡敏雄会長)
観光顕功奨励賞 安全地帯 (ロックバンド)

第 6回(昭和60年)
鈴木 すず(柏伊三二)
前田 浜子(小舟)
旭川平和通買物公園企画委員会(山本恵也委員長)
観光顕功奨励賞 野村 玲子(劇団四季団員)
感謝状 NHK旭川放送局
(旭川市、旭川商工会議所、旭川観光協会の3者連名で)

第 7回(昭和61年)
小林 光一(棋士)
北海道新聞旭川支社(平忠昭支社長)
北海タイムス社旭川本社(西脇春夫代表)
特別観光顕功賞 グンナール・ニコラウス・ロネウス駐日スウェーデン大使

第 8回(昭和62年)
佐藤 正治(元旭川観光協会副会長、㈱天人閣社長)
北海道電設工事㈱旭川支店 綱引倶楽部
観光顕功奨励賞 星野 伸之(阪急ブレーブス投手)
御輿を挙げる会粋旭

第 9回(昭和63年)
原田 敏雄(元旭川商工会議所専務理事)
社団法人旭川青年会議所(千葉新次理事長)
観光顕功奨励賞 鈴木 貴久(近鉄バッファローズ外野手)
旭川実業高等学校女子バレー部

第10回(平成 元年)
菅野 泰夫(菅野孝山)
旭川抜柱隊レディース(旭川BL)
観光顕功奨励賞 旭川イルミネーション研究会

第11回(平成 3年)
鈴木 宗敏(作詞・作曲家)
観光顕功奨励賞 旭川観光ボランティア
特別観光顕功賞 オベー・F・ヘイマン駐日スウェーデン大使

第12回(平成 4年)
財団法人旭川兵村記念館
旭川カヌー倶楽部
観光顕功奨励賞 旭川ライブジャム倶楽部

第13回(平成 5年)
旭川・ブルーミントン・ノーマル姉妹都市委員会
男山酒造り資料館
観光顕功奨励賞 旭川イベントサポーティングクラブ
黒田 正子

第14回(平成 6年)
日本氷彫刻会旭川支部
旭川市緑化協力会
特別観光顕功賞 陸上自衛隊第2師団第9普通科連隊

第15回(平成 7年)
内山 玲子(内山玲子バレエ・スタジオ主宰)
押切  清(ニュー北海ホテル常務取締役総調理長)
旭川MS会(今井道子会長)
観光顕功奨励賞 あさひかわ雪あかり実行委員会(大矢二郎実行委員長)
特別観光顕功賞 マグヌス・ヴァールクヴィスト駐日スウェーデン大使
中森 忠臣(平成8年10月 葬儀にて)

第16回(平成 8年)
大懸郁久美(NE日本電気)
柴原 勝彦(旭川ライブジャム実行委員会会長)
今井  正(大雪さんろくまつり実行委員会会長)
旭川青年会議所(烈夏)
日本エアシステム(空港開設30周年)
特別観光顕功賞 恵本 裕子(住友海上火災)

第17回(平成 9年)
高貝 年擴(カクテールサロン光亭)
中屋  健(日本バーテンダー協会北海道本部長)
こたんまつり実行委員会
旭川青年会議所(旭川アイスアートフェスタ)
永山屯田まつり実行委員会

第18回(平成10年)
月刊 北海道経済
古典芸能に親しむ会
特別観光顕功賞 玉置 浩二

第19回(平成11年)
高砂酒造株式会社
旭川観光社交組合
国際家具デザインフェア旭川開催委員会
観光顕功奨励賞 旭川木のモノ組合

第20回(平成12年)
平塚 賢智(平塚木芸舎)

第21回(平成13年)
旭川郷土芸能保存会(村田政雄会長)
特別観光顕功賞 上野 雅恵
観光顕功奨励  一ノ戸 ヨシノリ(あさひかわ雪あかり総合ディレクター)
日水米の会(事務局 上森米穀店)

第22回(平成14年)
居酒屋「大舟」 馬場 昭
旭川地区吹奏楽連盟(栗谷川武理事長)
旭川日韓友好親善協会(狩野清利会長)
旭川ハルビン友好協会(今富昌市会長)
花火inKAGURA実行委員会(一村隆利実行委員長)
観光顕功奨励賞 旭川北商工会青年部(平岡隆浩部長)

第23回(平成15年)
旭川医科大学
陸上自衛隊第二師団
ヤマハミュージック北海道旭川支社
五郎部敏明

第24回(平成16年)
三浦綾子記念文学館
クラークホースガーデン
西神楽夢民村
特別観光顕功賞 旭山動物園
国際観光顕功賞 上野雅恵(アテネ五輪金メダル)平成16年9月8日付

第25回(平成17年)
あさひかわラーメン村
AMP旭川音楽振興会
正和電工㈱

第26回(平成18年)
北海道旅客鉄道㈱旭川支社
旭川太鼓連盟
上野ファーム
観光顕功奨励賞 坂田加奈子(劇団四季団員)
特別観光顕功賞 木内 綾(優佳良織・織元)平成18年11月5日付

第27回(平成19年)
トミヤ澤田商店
花月会館
旭川菓子商工組合
冴木杏奈(タンゴ歌手)

第28回(平成20年)
大雪乃蔵
旭川北の大地(YOSAKOIチーム)
特別観光顕功賞 津川 雅彦(俳優・映画監督)

第29回(平成21年)
高平 慎二(北京オリンピック陸上メダリスト)
永瀬 充 (パラリンピックアイススレッジ日本代表)

第30回(平成22年)
本庄 敬 (漫画旭山動物園物語作者)
バーサーロペットジャパン組織委員会
旭川障害者文化スポーツ振興支援会

第 31回(平成23年)
岩田 公雄(読売テレビ報道部特別解説委員)
旭山動物園マイスターボランティア
豊島 雄一(バリトン歌手)
竹原 茂雄(東京旭川会 前会長)
観光顕功奨励賞  高橋 健介(フットサル日本代表)

第32回(平成24年)
北海道音楽大行進実行委員会(実行委員長 野崎耕作)
二條 実穂(車いすテニスプレーヤー)
観光顕功奨励賞   天秘の会(会長 白井 恵理子)

第33回(平成25年)
和田 眞宏(旭川サイクリング協会 理事長)
宮内 鐵男(旭川鹿児島県塵会 会長)
竹内 智香(スノーボーダー アルペン)
観光顕功奨励賞   佐藤 秀平(ハーフパイプ)

第34回(平成26年)
荒井 秀樹(日本パラリンピックスキーチーム監督)
紙谷  侑 (レストラン仏蘭西亭マスター)
国際観光顕功賞   竹内 智香(スノーボードアルペン)

第35回(平成27年)
加藤 義人(テレビドラマ監督、テレビマンユニオン代表取締役社長)
鈴木 聖史(映画監督)
観光顕功奨励賞   特定非営利活動法人 カムイ大雪バリアフリー研究所

第36回(平成28年)
久保倉里美(陸上競技400M障害 オリンピック選手)
観光顕功奨励賞   橋本 奈々未(アイドル「乃木坂46」メンバー、モデル)

第37回(平成29年)
浦野 勉(ラーメンよし乃前社長・ラーメンの会前会長)
観光顕功奨励賞   旭大星(旭川出身 関取)
管野 優斗(津軽三味線奏者)
児玉 莉奈(シンガーソングライター)

第38回(平成30年)
吉田 義勝(レスリング オリンピック金メダリスト、全日本マスターズレスリング連盟会長)
今津 秀邦(動物写真家)
特別観光顕功賞   陸上自衛隊旭川駐屯地 北鎮記念館
観光顕功奨励賞   マレウレウ(アイヌの伝統歌ウポポ ボーカルグループ)

第39回(令和元年)
北口 榛花(陸上 やり投げ オリンピック選手)
特別観光顕功賞   永山屯田まつり実行委員会
観光顕功奨励賞   NIPPON MAN(パラスポーツ応援団長)

【会員報】旭山動物園号の世界を旭山動物園に再現しよう!

昨年多くの方に惜しまれつつ引退した特別列車「旭山動物園号」。
旭山動物園の世界観を列車内から楽しめる、ワクワクする列車として大人気でした。
その世界観を引き継いで、なんと旭山動物園内に旭山動物園号の世界観を再現した新施設を作ろう!というプロジェクトが立ち上がりました。

さよならから1年半。旭山動物園内に、”走る絵本”の再現空間を
無題2  無題

クラウドファンディングサービス「Readyfor」内で支援者を募集しています。
銀行等からの振り込みによる参加も可能です。

クラウドファンディングとは
誰かの立ち上げた企画(プロジェクト)に対して、個人・法人が少額から簡単に出資することができる仕組み。
企画者は目標の金額と出資に対する見返りを予め提示し、出資者を募る。
詳しくはReadyforの「クラウドファンディングとは」をご参照いただき、ご理解の上でご参加ください。

詳しくはNPO法人 旭山動物園くらぶ(電話:0166-73-6066)へお問合せ下さい。

キャッシュレス・消費者還元補助事業説明会のお知らせ

キャッシュレス・消費者還元補助事業に関する事業説明会が開催されます。
今後ますます増加していくと予想されるキャッシュレス決済(カード・コード払)の利用について、
補助制度の概要説明や事業者へのメリット、制度の活用方法を説明するものです。

日時 令和元年7月17日水曜日 14:00~15:00
会場 道北経済センタービル 2階 中ホール
(旭川市常盤通1丁目)
講師 中小企業診断士 石堂 修 氏
(キャッシュレス・消費者還元事業広報事務局 派遣)
お問合せ 旭川市商工会議所 産業支援部産業振興課
TEL:0166-22-8413 FAX:0166-22-2600
申込書類(PDF)はこちらからダウンロード(印刷)

詳しくは旭川商工会議所 産業支援部産業振興課へお問合せ下さい。
(電話0166-22-8413)

特集記事「名産・名物・お土産物特集2019夏」への情報提供について

協会では特集記事「「ハズさないお土産選びならココ!名産・名物・お土産物特集2019夏」」への情報提供を募集しています。
ご提供いただいた情報をもとに特集記事を作成し、協会HPに掲載するほか、
観光案内にも使用させていただきます。

特集概要

お土産にお勧めの一品をご紹介する特集です。
この企画ではお土産となる商品・製品を提示することで、旭川の名物・名産・お土産品をPRするとともに、購買に結び付けることを目的としています。
そのため、「どこで」「どのようなものを」買えるのかを具体的に掲載してお知らせします。
現在は周辺市町村を含めた広域での観光が増えておりますが、交通の要所であることからお土産品を旭川で探される観光客、エージェントの方から多くのお問合せをいただいています。
これまでに掲載している特集記事としては「暑い夏を楽しもう!旭川ビアガーデン特集」などがあります。

応募条件

  • 記事の掲載は当協会会員店が製造または販売している商品・製品に限定します。
  • 掲載内容に誤りがないよう、この記事では自薦のみとさせていただきます。
  • 恐れ入りますが、一会員につき一品のみの掲載とさせていただきます。
  • 掲載内容に変更があった場合、お手数ですがご連絡ください。
    すぐに内容を修正いたします。

応募方法

こちらの情報提供フォームからご応募ください。
「名物・名産・お土産物特集2019夏」情報提供フォーム
Googleフォームというシステムを利用しています。
このフォームを使用することによって個人情報などを収集することはありません。

紙面での回答を希望される方は、情報提供用紙をお送りしますので、担当:山下へお申し付けください。

特集記事「旭川に来たらコレ食べてって」への情報提供について

協会では特集記事「旭川に来たらコレ食べてって!」への情報提供を募集しています。
ご提供いただいた情報をもとに特集記事を作成し、協会HPに掲載するほか、
観光案内にも使用させていただきます。

特集概要

飲食店の自慢の一品をご紹介する特集です。
この企画ではお店のイチオシを提示することで、観光客に選ぶ楽しみを感じてもらうことを
目的として「オススメの一品」のみをランチ・ディナーに分けて掲載します。
現在は周辺市町村を含めた広域での観光が増えておりますが、食事は旭川で探すという
観光客、エージェントの方から多くのお問合せをいただいています。
また観光の個人化のためか、食べたいものが決まっている方、いくつか案を聞いてその中から
選びたい方など、自分好みの店選びを楽しみたいという方がおおく見受けられます。
これまでに掲載している特集記事としては「暑い夏を楽しもう!旭川ビアガーデン特集」などがあります。

応募条件

  • 記事の掲載は当協会会員店に限定します。
  • 掲載内容に誤りがないよう、この記事では自薦のみとさせていただきます。
  • 複数の店舗を経営されている場合、すべての店舗でご応募いただけます。
    その場合、1店舗ごとに情報提供フォームからご応募ください。
  • 恐れ入りますが、一店舗につき一品のみの掲載とさせていただきます。
    オススメメニューが複数ある場合でも一品に絞ってご応募ください。
    ランチタイムとディナータイムでイチオシが異なる場合、それぞれ一品ずつ掲載いたします。
  • 掲載内容に変更があった場合、お手数ですがご連絡ください。
    すぐに内容を修正いたします。

応募方法

こちらの情報提供フォームからご応募ください。
「旭川に来たらコレ食べてって」情報提供フォーム
Googleフォームというシステムを利用しています。
このフォームを使用することによって個人情報などを収集することはありません。

紙面での回答を希望される方は、情報提供用紙をお送りしますので、担当:山下へお申し付けください。

特集記事「20:00からの店渡り」への情報提供について

協会では特集記事「20:00からの店渡り」への情報提供を募集しています。
ご提供いただいた情報をもとに特集記事を作成し、協会HPに掲載するほか、
観光案内にも使用させていただきます。

特集概要

夜8時以降に来店することを前提に、お店の雰囲気やおすすめなどをご紹介する特集です。
旭川は札幌に次ぐ北海道最大の歓楽街「さんろく」を有する夜も楽しい街ですが、観光客や学会参加者などの来訪者から”どこに行けばいいのか”というお問合せを多く受けています。
人数や楽しみ方に合わせて安心して旭川の夜を楽しんでいただきたく、
お店の声を直接お届けできるような特集記事にしたいと思っています。
これまでに掲載している特集記事としては「暑い夏を楽しもう!旭川ビアガーデン特集」などがあります。

応募条件

  • 記事の掲載は当協会会員店に限定します。
  • 掲載内容に誤りがないよう、この記事では自薦のみとさせていただきます。
  • 複数の店舗を経営されている場合、すべての店舗でご応募いただけます。
    その場合、1店舗ごとに情報提供フォームからご応募ください。
  • 掲載内容に変更があった場合、お手数ですがご連絡ください。
    すぐに内容を修正いたします。

応募方法

こちらの情報提供フォームからご応募ください。
「20:00からの店渡り」情報提供フォーム
Googleフォームというシステムを利用しています。
このフォームを使用することによって個人情報などを収集することはありません。

観光案内研修会を実施しました

旭川観光コンベンション協会と旭川観光ボランティア協議会が毎年実施している観光案内研修会を今年も5月21日~23日に実施しました。
観光窓口や電話で寄せられる旅行者からのお問合せに適切にお答えするため、毎年コースを変えて実施しています。今年は下記のコースを巡り、見聞を深めてまいりましたのでご報告します。
(施設名をクリックすると、施設の紹介ページを開きます)

カムイの杜公園

カムイの杜公園は旭川駅から西側にある大きな公園です。
大型の屋内遊具施設「わくわくエッグ」や体験学習館「森のふしぎ館」などの他、
キャンプ場も備えており、特にお子様連れの観光客の方に人気です。
豊かな自然に囲まれながらもJR旭川駅からは車で15分という近さも好評の要因です。

北邦野草園

北方野草園は旭川駅から西側にある嵐山公園の中に設営された野草園です。
12ヘクタールを超える敷地に自生種を中心に北邦の植物が収集・展示されています。
また、嵐山の地がアイヌの聖地として大切にされていたことから、嵐山公園内に併設されている旭川市博物館の分館「アイヌ文化の森 伝承のコタン」やアイヌの伝統的な住居”チセ”も設営されています。

三浦綾子記念文学館

「氷点」「塩狩峠」「泥流地帯」などで有名な作家 三浦綾子氏の作品と活動を記録する民営の記念館です。
原稿など貴重な資料を見られることはもちろん、世界観を感じる音の視聴や触って感じる作品展示、記念館に併設されている外国樹種見本林の森の薫りなど全身で楽しめる施設となっています。
昨年オープンした分館には、三浦夫妻による口述筆記で作品が生み出されていた当時の書斎が復元されています。

B 映画やテレビドラマで有名な「氷点」などの作者 三浦綾子氏の作品に多く登場する旭川の空気感、四季の移ろい、見本林を体感できる文学館。
執筆の部屋もリアルに再現されていて、作品をより深く感じることができる。
また、雪、緑の景色を臨みながら、ゆっくりと椅子に座り、作品を読む体験もお勧め。

道の駅あさひかわ

旭川駅から車で5分、川を挟んだ南側にある道の駅あさひかわは車で移動される観光客の方が多く訪れる観光拠点のひとつです。
館内には市内の人気店が入ったフードコート、地場産品を販売するお土産売店があります。

北鎮記念館


北鎮記念館は、北辺の脅威に対し厳しい風土の中で鍛えられ、「北の鎮め(北の護り)」を主任務とし、旭川の歴史からも切り離すことができない屯田兵や旧陸軍第七師団の貴重な歴史や展示物を見ることができ、あわせて「北鎮」という志を継承して地域の方々と共に歩んできた陸上自衛隊第二師団の活動に対する理解を深めていただく役割を担った記念館となっています。
現在は人気の漫画「ゴールデン・カムイ」のスタンプラリーも設置され、作品舞台となった時代背景に思いを寄せるファンが訪れています。

C 森山館長より北鎮記念館の成り立ちや、第二師団の活動内容を映像にてご説明いただきました。次に館内に展示している様々な史料の説明をいただきました。上川郡東旭川村(現在の旭川市東旭川町)出身で、太平洋戦争中に推定撃墜数18機以上とされるエースパイロット、加藤建夫少将の展示物もありました。
軍都として栄えた旭川市の歴史を多く知ることができる素晴らしい記念館でした。

上野ファーム


上野ファームは北海道の風土・気候・原生植物などに英国風の庭園造りを取り入れた
”北海道ガーデン”として有名な人気のガーデンです。
季節によって彩の変わる植物と美しくデザインされた庭園の調和を楽しむことができます。
今年から便利な入園券「よくばりチケット」の対象になり、一層多くの方にお越しいただけることを期待しています。

 A 季節外れの炎天下でも花植物はしっかりと咲き誇っており、5月~6月に咲くとされているエゾエンゴサクやチューリップも暑さに負けずに花びらを見せていた。
ファーム内に位置する射的山では道中で色とりどりの花々や自然を楽しめるため、飽きることなく頂上まで登ることができ、頂上からは大雪山系に囲まれた美しい旭川の風景を一望できた。

旭川ラーメン村

旭川市内の人気ラーメン店が集う、旭川ラーメンのテーマパークです。
お昼時には多くの観光客が集い、どの店に入ろうかとメニューを眺める様子がみられます。
外国人観光客からの人気も高く、旭川ラーメンという名物を世界に発信する拠点でもあります。
旭川珍名所、ラーメン神社も一角に設営されており、熱烈なラーメンマニアが参拝しています。

常磐公園

旭川駅から北に徒歩25分、旭川市の中心部にある大きな公園です。
初夏には美しいチューリップの花壇が人気で、写真を撮ったり花に囲まれて読書をしたりと、多くの方が思い思いの時間をすごしています。
護国神社祭、北の恵み食べマルシェなどのイベントでは会場としても利用されます。
公園の北側には旭川八景の「旭橋」と、冬まつりや夏祭り開会式の会場として利用されるリベライン旭川パークがあります。