カテゴリー別アーカイブ: 会員向け情報

新型コロナウイルス感染症等の予防について(1/27更新)

中国湖北省で発見された新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大し、日本国内でも感染が確認されています。
1月末から中国では大型連休に入ることから、人の移動に伴う感染症拡大が懸念されています。
旭川市保健所「新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の発生について」
一方、北海道においては例年厳冬期に風邪やインフルエンザの感染が拡大する傾向があります。

旭川観光コンベンション協会と旭川観光物産情報センターでは、感染症への感染・拡散を予防するため、観光案内所で手指のアルコール消毒、マスク着用などの感染予防の取り組みを行い、定期的にウイルス除去スプレーを使用した空間の除菌等も実施しています。
旅行者の皆様の安全確保のため、案内の際にもマスク着用で対応させていただく場合がありますので、ご理解・ご協力を賜りますようお願いいたします。

旭川市内の宿泊や飲食、観光等事業者の皆様におかれましても、感染症予防の取り組みにご協力いただけますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の予防

新型コロナウイルスに対しては、一般的な風邪・インフルエンザ等と同様の感染症予防が有効であるといわれています。

  • マスクの着用
  • 手指アルコール消毒の実施。
  • 手洗い・うがいの徹底
  • せきが出る場合、口元を手やティッシュで覆い、他人の居ない方へ顔を向けるなどの咳エチケットを守る

新型コロナウイルスによる肺炎への感染が疑われる場合

次の条件に当てはまる場合、新型コロナウイルスによる肺炎が疑われます。
1.発熱(37.5 度以上)かつ呼吸器症状を有している。
2. 発症から 2 週間以内に、以下の(ア)、(イ)の曝露歴のいずれかを満たす。
(ア) 武漢市への渡航歴がある。
(イ)「武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」との接触歴がある。

この場合、速やかに医療機関へ受診してください。
医療機関への受診時は、まず受診する医療機関へ連絡し、マスクを着用して受診してください。
※休日・夜間の受診については救急医療情報案内センターへご相談ください。
(一般電話から:0120-20-8699  携帯・PHSから:011-221-8699)

体調不良を訴える利用者が、新型コロナウイルスによる肺炎への感染が疑われる場合の対応

1.新型コロナウイルスによる肺炎への感染が疑われる方(以下、対象者)がマスク等を着用していない場合、職員はマスクを配布して着用するよう求める。
同行者がいる場合、同行者にも配布する。
2.職員は最寄りの医療機関へ連絡し、受診するよう伝える。

関連情報リンク

旭川市保健所「新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の発生について」
https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/135/136/150/d068298.html

厚生労働省「中華人民共和国湖北省武漢市における非定型肺炎の集団発生に係る注意喚起について」
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000582709.pdf

外務省ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T011.html#ad-image-0

国立感染症研究所ホームページ
https://www.niid.go.jp/niid/ja/

国立労働省検疫所ホームページ(海外感染症発生情報)
https://www.forth.go.jp/topics/fragment1.html

北海道庁ホームページ(新型コロナウイルスに関連した肺炎について)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/kak/singatakoronahaien.htm

【募集】R2上期イベント・コンベンションの調査について

令和二年上期(2020年4月〜2020年9月)に開催される行事について、調査を行っています。
下記の条件に当てはまる大会・イベント・行事について情報をお持ちでしたらぜひお知らせください。

  • 観客・一般参加者・来客を含む参加人数が50名以上であること
  • 会場が旭川市内であること

ご提供いただいた情報は当協会の諸業務(案内業務、MICE誘致・支援など)に活用させていただきます。
大会の規模・人数が多い行事につきましては「旭川イベントコンベンションカレンダー」に掲載させていただく場合があります。
また、ご提供いただいたすべての情報を記載した冊子を当協会の会員限定で配布しています。

旭川イベント・コンベンション調査票のダウンロード
記入要領 調査票(協会会員)
調査票(一般) 調査票(市役所等)
旭川観光コンベンション協会が行う支援内容について

調査票はEXCELファイルですので、リンクを押すとダウンロード先の選択画面が出ます。
”インターネットから入手したファイル”に関する警告が出る場合、「編集を有効にする」を押してください。

ご記入いただきました調査票はFAX又はメールにてご送付ください。
FAX:0166-23-1166
メールでお送りいただく際はお手数ですが、必ずメールタイトルに「R2上期イベントコンベンションカレンダー調査票」と入れてお送りください
メールタイトルや本文が空白の場合や送信者不明の場合、セキュリティ保護のためメールを開封せずに削除いたします。
mail:shimada(アットマーク)atca.jp

【お知らせ】旭川-神戸線 チャーター運航について

今年2月5日~9日までの5日間、フジドリームエアラインズのチャーター便が旭川-神戸線で運行いたします。
これに伴い、地元の旅行会社からも旭川空港発 関西・神戸旅行商品ができましたので、ぜひご利用ください。

【チャーター便の運航について】
FDAチャーター便 旭川空港-神戸空港
旭川空港発着 関西旅行商品の販売について
【旅行商品】
JTB FDAチャーター機で行く!
関西フリープラン4日間
【旅行商品】
近畿日本ツーリスト FASチャーターでいく
関西への旅4日間
c1  c2  c3

旭川市では神戸空港との定期便実現を目指しているところでもあります。
旅行商品のご利用、周知にご協力をいただきたくよろしくお願いいたします。

【ご案内】デザイン シンポジウムが開催されます

d1

デザインで考える「森、文化、産業、観光、くらし」の未来

ユネスコデザイン都市認定記念
Design Symposium
Making Next to Forest.

日時:2020年2月12日(水) 18:00~20:30
会場:旭川市大雪クリスタルホール 音楽堂
(旭川市神楽3条7丁目)

詳しい内容・お問合せ・お申込みはこちらの資料(PDFファイル)をご参照ください。

年末年始の協会事務局等の休業日について

旭川観光コンベンション協会事務局と旭川観光物産情報センターの年末年始の営業についてご案内いたします。

本年も皆様に多大なるお引き立てをいただき、誠にありがとうございました。
来年も旭川の観光振興に誠心誠意努めてまいりますので、相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げます。

観光スポットの年末年始営業については「観光スポットの年末年始の営業について」をご参照ください。

旭川観光コンベンション協会 旭川観光物産情報センター
2019年最終営業日
12月27日(金)
2020年営業開始日
1月6日(月)
2019年最終営業日
12月30日(月)
2020年営業開始日
1月3日(金)

書類・パンフレットの発送・受け取りについて

年末年始の郵送・運送につきましては、各運送会社様が発表しています通り、
平時より数日程の遅れが予想されております。指定日配達やお急ぎでの請求には対応いたしかねますので、
必ず日数に余裕をもってご請求ください。
当協会からの発送は2019年最終営業日の前日(26日)まで、それ以降のご請求は2020年営業日以降、ご請求の受付日時の順に対応いたしますので、通常時よりも多くのお時間をいただきます。
予めご了承ください。

電話でのお問合せについて

当協会の休業中、事務所へのお電話は旭川観光物産情報センターへ自動転送されます。
旭川物産情報センターでは観光案内を行っておりますので、観光に関するお問合せは通常営業時と同じように受け付けます。
事務所で実施している諸業務(FC、MICE、協会事務)に関するお問合せには回答できません。
また、旭川観光物産情報センターの休業期間中はどちらの電話も不通となります。

地元情報アプリ「あさっぴーNEWS」クーポン掲載の募集

旭川商工会議所が100周年事業として実施する旭川の地元情報アプリケーション「あさっぴーNEWS」について、旭川観光コンベンション協会 会員の皆様からクーポン掲載を募集しております。
令和元年12月に協会会員様にお送りした資料にあります通り、当協会で応募を取りまとめておりますので、協会(0166-23-0090 担当:山下)までお気軽にお問合せ下さい。

なお、協会会員でかつ会議所非会員の方は必ず協会へお申し込みいただきますようお願いいたします。会議所では協会会員であることを確認できないため、申し込みを受理することができません。そのため協会が取り纏めを行うこととなっております。
また現在クーポンの掲載は旭川商工会議所 会員又は旭川観光コンベンション協会 会員に限られておりますので、両方非会員である企業・店舗からの受付は致しかねます。

あさっぴーNEWSとは

01 02

※あさっぴーNEWSは現在もアプリストアからダウンロード可能ですが、正式運用開始は令和2年1月6日を予定しています。

03

 

「将来の課題のための日・オーストリア委員会」公開シンポジウムのご案内(令和元年9月6日(金))

9月6・7日の2日間、外務省の主催による「将来の課題のための日・オーストリア委員会」第23回会合が旭川市で開催されます。

公開シンポジウムでは「観光と地方経済の活性化」をテーマに、観光大国である日本・オーストリア双方における取組を紹介するとともに、観光を通じた地域振興について意見交換を行い、地方経済の活性化について考えます。
オーストリアの先進的な取組みなどのお話を伺う貴重な機会となっておりますので、是非ご参加下さい。

イベント名 「将来の課題のための日・オーストリア委員会」第23回会合公開シンポジウム
テーマ: 観光と地方経済の活性化」 [日英同時翻訳]
日時 令和元年9月6日金曜日
10:00 開演(9:30 開場) 13:00終了予定
 参加申込書
会場 星野リゾート OMO7 旭川 3階 瑞雲東西の間
(旭川市6条通9丁目)
無題3
(PDFファイル)
 参加条件 参加料:無料
定数:200名(先着順) 
事務局 0166-73-6968
(一社)大雪カムイミンタラDMO 内 
無題2
「将来の課題のための日・オーストリア委員会」とは
将来の課題のための日・オーストリア委員会は、日本とオーストリアの交流・相互理解の促進を目的に様々なテーマで両国の委員が議論する、両国間で唯一の官民フォーラムです。
毎年日本とオーストリア交互に開催しており、23回目の2019年は旭川市が開催地となりました。

第39回(令和元年)旭川観光顕功賞 受賞者のご紹介

第39回(令和元年)旭川観光顕功賞の授与式を令和元年8月1日(木)に
旭川夏まつり開会式会場~旭橋河畔にて行いました。

◆旭川観光顕功賞
北口 榛花(きたぐち はるか)様
旭川市出身。日本大学4年。旭川東高校進学とともに陸上競技やり投げを始める。2015年7月の世界ユース陸上競技選手権大会「金メダル」(高3)、2017年9月の第86回日本学生陸上選手権大会「優勝」(大学1年)、本年5月の第6回木南(きなみ)道(みち)孝(たか)記念陸上競技大会で64m36cmの日本新記録(アジア歴代5位)を樹立して、2020年東京オリンピックの出場権獲得。今後の更なる活躍、記録更新が期待される。日本陸上界では久々の笑顔がトレードマークのニューヒロイン。

◆旭川特別観光顕功賞
永山屯田まつり実行委員会 様
1987年(昭和62年)に第1回目の「旭川屯田まつり」を開催。今年で33回目となる同祭り(現在は「永山屯田まつり」)の実行委員会。旭川市永山に開拓の鍬をおろした先人の偉業を称え、住民同士の交流を深めようと地域住民の手作りにより始まった。道内最大規模の九尺太鼓が勇壮な音色を響かせる「屯田太鼓」、『エイヤサァ!』の掛け声で約40台の山車が華やかに練り歩く「屯山(ミヤマ)あんどん」は迫力満点で、市内外から多くの観客が訪れる。歴史や郷土芸能を伝え、旭川の夏に賑わいを添える貴重な祭りとなっている。
(※平成9年の第17回表彰式で「観光顕功賞」を受賞)

◆旭川観光顕功奨励賞
NIPPON MAN 様
旭川市民を代表するパラリンピック応援団長。年齢不詳。2008年から旭川市内外で行われているパラリンピックスポーツの大会等で応援をリードし、選手たちにエールを送っている。2010年2月カナダで開催された「バンクーバー2010パラリンピック」では、日本のパラスポーツの応援団長として選手を激励した。旭川市を「誰にでもやさしい街」にすることを目指して、スポーツ大会やイベントに登場しては選手や会場を応援で盛り上げている。

旭川観光顕功賞は、一般社団法人旭川観光コンベンション協会が旭川市の紹介や宣伝、
観光振興発展に顕著な功績のあった方々を表彰するもので、
昭和55年に第1回の贈呈が行われて以来、今年で39回目となります。
歴代の受賞者の一覧は以下をご覧ください。

これまでの「観光顕功賞・奨励賞・特別賞」 受賞者・団体(敬称略)

第 1回(昭和55年)
桜木  稔(陸上自衛隊第9普通科連隊)
季節風  (フォークグループ)

第 2回(昭和56年)
木内  綾(優佳良織工芸館 織元)
木内 和博(優佳良織工芸館 館長)
叶内  忍(陸上自衛隊第2音楽隊員)
境田  寛(陸上自衛隊第2音楽隊員)

第 3回(昭和57年)
小山 昌克(旭川国際バーサー大会実行委員長)
陸上自衛隊第2音楽隊

第 4回(昭和58年) 佐藤可志久(旭川舞踊協会長)
旭川にホタルを呼び戻そう会(原田愛幸会長)
旭川生物同好会(船橋欣弥会長)

第 5回(昭和59年)
加賀城 章(全国氷彫刻会会長)
九重 勝昭(元横綱 北の富士)
八木祐四郎(全日本スキー連盟常任理事)
旭川チカップニアイヌ民族文化保存会(川村兼一会長)
東京旭川会(平岡敏雄会長)
観光顕功奨励賞 安全地帯 (ロックバンド)

第 6回(昭和60年)
鈴木 すず(柏伊三二)
前田 浜子(小舟)
旭川平和通買物公園企画委員会(山本恵也委員長)
観光顕功奨励賞 野村 玲子(劇団四季団員)
感謝状 NHK旭川放送局
(旭川市、旭川商工会議所、旭川観光協会の3者連名で)

第 7回(昭和61年)
小林 光一(棋士)
北海道新聞旭川支社(平忠昭支社長)
北海タイムス社旭川本社(西脇春夫代表)
特別観光顕功賞 グンナール・ニコラウス・ロネウス駐日スウェーデン大使

第 8回(昭和62年)
佐藤 正治(元旭川観光協会副会長、㈱天人閣社長)
北海道電設工事㈱旭川支店 綱引倶楽部
観光顕功奨励賞 星野 伸之(阪急ブレーブス投手)
御輿を挙げる会粋旭

第 9回(昭和63年)
原田 敏雄(元旭川商工会議所専務理事)
社団法人旭川青年会議所(千葉新次理事長)
観光顕功奨励賞 鈴木 貴久(近鉄バッファローズ外野手)
旭川実業高等学校女子バレー部

第10回(平成 元年)
菅野 泰夫(菅野孝山)
旭川抜柱隊レディース(旭川BL)
観光顕功奨励賞 旭川イルミネーション研究会

第11回(平成 3年)
鈴木 宗敏(作詞・作曲家)
観光顕功奨励賞 旭川観光ボランティア
特別観光顕功賞 オベー・F・ヘイマン駐日スウェーデン大使

第12回(平成 4年)
財団法人旭川兵村記念館
旭川カヌー倶楽部
観光顕功奨励賞 旭川ライブジャム倶楽部

第13回(平成 5年)
旭川・ブルーミントン・ノーマル姉妹都市委員会
男山酒造り資料館
観光顕功奨励賞 旭川イベントサポーティングクラブ
黒田 正子

第14回(平成 6年)
日本氷彫刻会旭川支部
旭川市緑化協力会
特別観光顕功賞 陸上自衛隊第2師団第9普通科連隊

第15回(平成 7年)
内山 玲子(内山玲子バレエ・スタジオ主宰)
押切  清(ニュー北海ホテル常務取締役総調理長)
旭川MS会(今井道子会長)
観光顕功奨励賞 あさひかわ雪あかり実行委員会(大矢二郎実行委員長)
特別観光顕功賞 マグヌス・ヴァールクヴィスト駐日スウェーデン大使
中森 忠臣(平成8年10月 葬儀にて)

第16回(平成 8年)
大懸郁久美(NE日本電気)
柴原 勝彦(旭川ライブジャム実行委員会会長)
今井  正(大雪さんろくまつり実行委員会会長)
旭川青年会議所(烈夏)
日本エアシステム(空港開設30周年)
特別観光顕功賞 恵本 裕子(住友海上火災)

第17回(平成 9年)
高貝 年擴(カクテールサロン光亭)
中屋  健(日本バーテンダー協会北海道本部長)
こたんまつり実行委員会
旭川青年会議所(旭川アイスアートフェスタ)
永山屯田まつり実行委員会

第18回(平成10年)
月刊 北海道経済
古典芸能に親しむ会
特別観光顕功賞 玉置 浩二

第19回(平成11年)
高砂酒造株式会社
旭川観光社交組合
国際家具デザインフェア旭川開催委員会
観光顕功奨励賞 旭川木のモノ組合

第20回(平成12年)
平塚 賢智(平塚木芸舎)

第21回(平成13年)
旭川郷土芸能保存会(村田政雄会長)
特別観光顕功賞 上野 雅恵
観光顕功奨励  一ノ戸 ヨシノリ(あさひかわ雪あかり総合ディレクター)
日水米の会(事務局 上森米穀店)

第22回(平成14年)
居酒屋「大舟」 馬場 昭
旭川地区吹奏楽連盟(栗谷川武理事長)
旭川日韓友好親善協会(狩野清利会長)
旭川ハルビン友好協会(今富昌市会長)
花火inKAGURA実行委員会(一村隆利実行委員長)
観光顕功奨励賞 旭川北商工会青年部(平岡隆浩部長)

第23回(平成15年)
旭川医科大学
陸上自衛隊第二師団
ヤマハミュージック北海道旭川支社
五郎部敏明

第24回(平成16年)
三浦綾子記念文学館
クラークホースガーデン
西神楽夢民村
特別観光顕功賞 旭山動物園
国際観光顕功賞 上野雅恵(アテネ五輪金メダル)平成16年9月8日付

第25回(平成17年)
あさひかわラーメン村
AMP旭川音楽振興会
正和電工㈱

第26回(平成18年)
北海道旅客鉄道㈱旭川支社
旭川太鼓連盟
上野ファーム
観光顕功奨励賞 坂田加奈子(劇団四季団員)
特別観光顕功賞 木内 綾(優佳良織・織元)平成18年11月5日付

第27回(平成19年)
トミヤ澤田商店
花月会館
旭川菓子商工組合
冴木杏奈(タンゴ歌手)

第28回(平成20年)
大雪乃蔵
旭川北の大地(YOSAKOIチーム)
特別観光顕功賞 津川 雅彦(俳優・映画監督)

第29回(平成21年)
高平 慎二(北京オリンピック陸上メダリスト)
永瀬 充 (パラリンピックアイススレッジ日本代表)

第30回(平成22年)
本庄 敬 (漫画旭山動物園物語作者)
バーサーロペットジャパン組織委員会
旭川障害者文化スポーツ振興支援会

第 31回(平成23年)
岩田 公雄(読売テレビ報道部特別解説委員)
旭山動物園マイスターボランティア
豊島 雄一(バリトン歌手)
竹原 茂雄(東京旭川会 前会長)
観光顕功奨励賞  高橋 健介(フットサル日本代表)

第32回(平成24年)
北海道音楽大行進実行委員会(実行委員長 野崎耕作)
二條 実穂(車いすテニスプレーヤー)
観光顕功奨励賞   天秘の会(会長 白井 恵理子)

第33回(平成25年)
和田 眞宏(旭川サイクリング協会 理事長)
宮内 鐵男(旭川鹿児島県塵会 会長)
竹内 智香(スノーボーダー アルペン)
観光顕功奨励賞   佐藤 秀平(ハーフパイプ)

第34回(平成26年)
荒井 秀樹(日本パラリンピックスキーチーム監督)
紙谷  侑 (レストラン仏蘭西亭マスター)
国際観光顕功賞   竹内 智香(スノーボードアルペン)

第35回(平成27年)
加藤 義人(テレビドラマ監督、テレビマンユニオン代表取締役社長)
鈴木 聖史(映画監督)
観光顕功奨励賞   特定非営利活動法人 カムイ大雪バリアフリー研究所

第36回(平成28年)
久保倉里美(陸上競技400M障害 オリンピック選手)
観光顕功奨励賞   橋本 奈々未(アイドル「乃木坂46」メンバー、モデル)

第37回(平成29年)
浦野 勉(ラーメンよし乃前社長・ラーメンの会前会長)
観光顕功奨励賞   旭大星(旭川出身 関取)
管野 優斗(津軽三味線奏者)
児玉 莉奈(シンガーソングライター)

第38回(平成30年)
吉田 義勝(レスリング オリンピック金メダリスト、全日本マスターズレスリング連盟会長)
今津 秀邦(動物写真家)
特別観光顕功賞   陸上自衛隊旭川駐屯地 北鎮記念館
観光顕功奨励賞   マレウレウ(アイヌの伝統歌ウポポ ボーカルグループ)

第39回(令和元年)
北口 榛花(陸上 やり投げ オリンピック選手)
特別観光顕功賞   永山屯田まつり実行委員会
観光顕功奨励賞   NIPPON MAN(パラスポーツ応援団長)