三浦綾子記念文学館
作家三浦綾子は、大正11年に旭川市で生まれ、デビュー作の「氷点」で、一躍有名作家の仲間入りを果たしました。その後、若い頃から患っていた病と闘いながら、「泥流地帯」「塩狩峠」「銃口」など数々の作品を発表し、積極的な出筆活動を行っていましたが、平成11年に77歳でこの世を去りました。代表作である「氷点」は、テレビ、映画、舞台など数多くのメディアでも取り上げられ、ドラマは何度もリメイクされるなど現在でもその人気は衰えていません。三浦綾子記念文学館は「氷点」の舞台となった外国樹種見本林の入り口に静かにたたずんでいます。平成10年にオープンしたこの文学館は「ひかりと愛といのち」をテーマに、作家三浦綾子にゆかりのある文学資料を収集保存するとともに、文化遺産として後世に継承し、その業績と作品はもとより作品が生まれた時代背景などをわかりやすく紹介しています。平成30年4月には「五感展示」をコンセプトに常設展示をリニューアル、9月には「口述 筆記の書斎」が分館に再現され、見るだけではなく、体感することのできる文学館となりました。「三浦綾子記念文学館と外国樹種見本林」は平成30年11月に「北海道遺産」に認定されています。
所在地 旭川市神楽7条8丁目2-15
TEL 0166-69-2626
FAX 0166-69-2611
URL http://www.hyouten.com/
公式facebook https://www.facebook.com/hyoutenLM
公式twitter https://twitter.com/hyouten1964
駐車場 あり(無料:約30台)、大型バス4台
営業時間 9:00〜17:00(ただし入館は16:30まで)
定休日 6月-9月を除く毎週月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)、年末年始
アクセス 旭川空港から車で30分。旭川駅から車で3分、徒歩20分。