永山新川
大雪山連峰をバックにした永山新川の風景
永山新川(ながやましんかわ)は、北海道旭川市永山地区を流れる人工の河川で、石狩川水系牛朱別川が流れる旭川市街地の水害対策として昭和59(1984)年度から工事が始まり、平成15(2003)年に開削されました。全区間が一級河川に指定されています。旭川市北東部の桜岡・永山地区境界付近の牛朱別川から分流し北西に流れ、東鷹栖境の永山橋付近の石狩川に合流します。永山地区の市街地の北側に沿って流れ、全長6km弱のすべてが永山地区に所在します。洪水調節機能を果たすため、水路部と堤外地(河川敷)をあわせた幅は、牛朱別川下流部より広い約200mが確保されています。全流路が幾何的な設計をされており、分流部と合流部手前のカーブを除き、直線で構成されているのが特徴です。牛朱別川の流れる側に樋門を設置し増水時に本流より優先して水を流すという治水機能としての合理性を追求したことと、殖民区画によって格子状に形成された永山市街および田圃地帯にあわせ設計された結果が、これらの特徴となって現れました。このようにきわめて人工的な水路であるが、河川管理者の国土交通省北海道開発局旭川河川事業所はなるべく自然に近いものにしようとビオトープなどの水辺の環境整備に取り組み、親水公園やミニ博物館、堤防に設置された排水桶門の上屋を周辺の歴史建造物を模した建屋とするなど、河川整備以外の部分でも趣向を凝らしています。
所在地 旭川市永山町14丁目から永山町10丁目
TEL 0166-48-2131(旭川河川事務所)
FAX 0166-47-7075(旭川河川事務所)
URL http://www.as.hkd.mlit.go.jp/asriver/
アクセス 旭川空港から35分。旭川駅から20分。