田園風景(旭川)
水田風景(西神楽)①
旭川市は大雪山系をはじめとする雄大な山々に囲まれた盆地の街であり,この山々から豊かな伏流水を得ることで肥沃な田園地帯となっており,旭川のある上川盆地の特徴である朝と夕の気温の寒暖差が大きいため,豊潤なお米が育っています。旭川市は,作付面積全国25位,生産量で全国22位(平成20年産)と全国でも有数の米産地であり,生産性や品質の面でも北海道のトップレベルに位置しているといえます。市内中心部から車を20分ほど走らせると、大雪山系や十勝連峰を望むパノラマ写真のような豊かな田園風景が広がっています。
所在地 旭川市内各所(東旭川・東鷹栖・西神楽などの地域)