水原市(大韓民国)姉妹都市記念碑
水原姉妹都市記念碑
旭川市は現在、ブルーミントン・ノーマル両市(アメリカ合衆国)、ユジノ・サハリンスク市(ロシア連邦)、水原市(大韓民国)、哈爾濱市(中華人民共和国)の海外各都市と姉妹都市あるいは友好都市提携を結び、各種の交流活動を通して市民相互の友好・親善の促進を図っています。 市内7条緑通にはそれぞれの都市との姉妹・友好記念碑があります。そのうちの一つが韓国・水原(スゥウオン)市姉妹都市記念碑です。

水原市(大韓民国・京畿道)は首都ソウルに隣接した人口100万を超える活気あふれる大都市です。京畿道の道庁所在地で、ソウル市の南44キロメートルに位置し,市中心部にはユネスコ世界遺産にも登録されている水原華城があり、歴史的遺跡も多く残されています。なお,水原市とは平成元年(1989年)10月17日に姉妹都市の提携をしています。
所在地 旭川市7条緑通
アクセス 旭川空港から車で30分。JR旭川駅から徒歩10分。