木と暮らしの情報館
木と暮らしの情報館・全景
北海道立林産試験場の敷地内にある木と暮らしの情報館は、旭川から美瑛・富良野に向かう国道沿いにある個性的な建物で、建物自体が道産のカラマツ材を用いて建てられたユニークな構造になっています。館内は床の色が部分によって違い、パーツごとに別の木材によってデザインされた「床見本」を兼ねており、さらに床だけではなく木製のドア、窓サッシ、外壁に至るまで、様々な道産建築資材の見本が一堂に展示され、実際に見て、触れて、木の「良さ」や「温かみ」「豊かさ」を体験することができます。



2階には「森の木が加工されて建築資材になるまで」の流れを解説した展示や、林産試験場で開発し、現在地元の小学校などで実際に使用されている学童用机とイスの見本などもあります。



情報館の隣には、ログハウス「木路歩来(コロポックル)」が建ち、木製の滑り台や三輪車、小さなボール状に削った木を大きな桶に入れた“木の砂場”などの遊具を設置しています。5-10月に開放し、子どもたちが自由に遊びながら木と触れ合える空間になっております。
所在地 旭川市西神楽1線10号
TEL 0166-75-3553
FAX 0166-75-3553
URL http://www.fpri.asahikawa.hokkaido.jp/jouho.htm
駐車場 無料
営業時間 開館期間…4月-11月 開館時間…9:00-17:00
定休日 詳細は施設までお問い合わせください。
アクセス 旭川空港から車で20分。旭川駅から車で25分。