旭川市旭山動物園
冬期間しか見られない「ペンギンの散歩」
北海道の代表的な観光スポットとして成長した旭川市旭山動物園は、昭和42年(1967年)にオープンした日本最北端の動物園です。日本最北端の動物園としてオープンして以来、北・北海道の代表的な観光施設としての地位を築いてきましたが、観光客の動物園離れや、他の観光スポットやテーマパーク・遊園地への観光客の流出などにより、平成8年(1996年)には年間26万人まで入園者が減少しました。
しかし旭川市旭山動物園では、それぞれの動物本来の優れた能力を引き出す独創的な手法「行動展示」を見い出し、同時に野生に近い環境づくりを行うことにより、動物のストレス解消を促し、動物たちの活発な動きを見せるなどの工夫を続けてきました。
また飼育展示係の職員が自ら、それぞれの担当動物の解説をおこなう「ワンポイントガイド」を取り入れるなど、観客と動物の距離を限りなく縮めることにより、観客との一体感を演出するなどの努力を重ね、そういった数々の独創的なアイデアとともに、新施設の建設及びリニューアルを次々とおこなった結果、奇跡的な変ぼうを遂げ、国内外においてもその名を知られるようになり、現在では多くの観光客が訪れる大変な人気を誇る施設として注目されています。
 入園者数で、その軌跡を追っていくと、平成16年度(2004年)に144万9千人で初めて100万人の大台を突破、同時に7月・8月には初めて月間入園者数が上野動物園を抜き日本一を記録しました。平成17年度(2005年)に206万7千人を数え上野動物園に次いで全国第2位となり、さらには平成18年(2006年)、に304万人、平成19年(2007年)には307万2千人と2年連続で300万人超えを記録、旭川市が人口35万人の地方都市であることを考えると驚異的な入園者数であることがうかがい知れます。レジャーとして動物園離れが進む日本において、これまで入場者数が爆発的に増加してきた動物園であり、現在も数多くの入園者がリピーターとして訪れています。入園者の内訳を見ると、以前は旭川市内及び周辺地域からの方々でありましたが、最近では北海道内だけではなく日本全国からのツアー客や修学旅行客で賑わいを見せており、台湾や香港などの海外からの観光客も数多く、子供から大人まで幅広く楽しめる施設となっております。
 なお旭川市旭山動物園では、動物がえさを食べる自然の姿を見ていただくことを目的に、「もぐもぐタイム」を設けております。この「もぐもぐタイム」はそれぞれの動物によって時間帯が違いますので、「もぐもぐタイム」に合わせて見学をすることをお勧めいたします。また,夏場のオランウータンの空中散歩や夜の動物園,冬場のペンギンの散歩など,その季節にしか見られないものあり,一年を通して飽きることなく,楽しみ・学ぶことのできる動物園なのです。
所在地 旭川市東旭川町倉沼
TEL 0166-36-1104
FAX 0166-36-1406
URL http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
公式facebook https://www.facebook.com/asahiyamazoo
公式twitter https://twitter.com/asahiyamazoo1
駐車場 無料駐車場及び民間有料駐車場あり
営業時間 夏期:9:30~17:15(入園は16:30まで) 冬期10:30〜15:30(入園は15:00まで)
定休日 平成28年4月8日~28日
アクセス 旭川空港から車で25分。旭川駅から車で30分。