平和通買物公園
全国初の年中歩行者天国「平和通買物公園」
日本で最初に造られた「恒久的歩行者専用道路(年中歩行者天国)」が平和通買物公園です。交通の起点であるJR旭川駅からまっすぐ北へと続くこの大通りは、1972年(昭和47年)、日本で初めての試みとして日本各地の注目を集めました。かつては師団通りと呼ばれ、やがて平和通、さらに平和通買物公園へと名称を変えながらも、旭川のメインストリートとして多くの市民に親しまれています。通りの両側には百貨店や各種専門店、美容室やラーメン屋に至るまで様々な店舗が軒を連ね、ショッピングゾーンや集いの場として多くの市民や観光客が訪れています。また、2002年には通り全体がリニューアルされ、変貌をとげています。通りのところどころには、噴水や佐藤忠良の『若い女』をはじめとするブロンズ彫刻像が設置されているほか、ひと休みに最適なベンチも配置され、文化、芸術の面からも楽しめる通りになっています。
所在地 旭川市宮下通から9条通
駐車場 あり(有料)
アクセス 旭川空港から車で35分。旭川駅から徒歩1分。