オサラッペ川
オサラッペ川の風景・夏
オサラッペ川は旭川市と隣町の鷹栖町を流れる石狩川の支流です。長さは25.7キロメートル,流域面積は195.5平方キロメートルの小規模な河川です。鷹栖町とその隣町和寒町の境界線にある白妙山系を水源として,鷹栖町の田園地帯を南下しながら流れています。その後は旭川市内・嵐山の東方で石狩川と合流しており,石狩川との合流直前に架かる,北方野草園と嵐山公園へ向かう橋には,この川のアイヌ語地名表示板があります。

それによるとオサラッペ川はアイヌ語で「石狩川との合流点の河口が開いている(冬でも凍らないという意味?)とも理解できますが、一方でオ・サラ・ペッ0−sar−pet(川尻・ヨシ原・川)という説もあります。」と説明しています。


所在地 旭川市及び鷹栖町