エゾエンゴサク
青色の可憐な花が咲くエゾエンゴサク
エゾエンゴサクは北海道から東北地方に分布する多年草で,主に落葉広葉樹林の林床に群生しており,北海道では4〜5月にかけて見ることができる花です。葉は楕円形の小葉3枚からなる複葉で,高さは10〜20cm位で青紫色の花を咲かせます。最盛期には群生地をまるでじゅうたんのごとく青色に染めます。また,中には白色の花びらのものもあります。エゾエンゴサクは桃紫色に花を咲かせるカタクリとともに群生していることが多く,ともに春の躍動を感じさせる代表的な植物といえます。市内では,北邦野草園(嵐山公園)や男山自然公園などをはじめとする野山などでその群生を見ることができます。
所在地 旭川市内各所