−41℃(日本最低気温)
木々も樹氷となる極寒の旭川
旭川は上川盆地の中心に位置しているため,道内でも一年を通して寒暖の差が大きい四季の変化に富んだ街といえます。とりわけ有名なのは日本最低気温の記録「−41℃」です。この記録は明治35年(1902年)1月25日に観測された記録で,100年以上たった現在でもまだこの記録は更新されていません。おりしもその日は,青森県の八甲田山で青森第5連隊が雪中行軍の訓練中に遭難し,多くの犠牲者を出したという出来事がありました。北海道では氷点下15℃〜20℃以下位の気温になると「しばれる」という方言を使います。旭川でも1月中旬〜2月上旬にかけて「しばれる」日がたびたび訪れます。このような日の朝は,放射冷却現象が起こり,よく晴れた天候となり,空気中の水蒸気が凍って「ダイヤモンドダスト」となり,まさにダイヤのような輝きを見せます。
所在地 旭川市